高校球児の本音をインタビュー 夏の甲子園中止

皆さんこんにちは!野球小僧オフィシャルブログ管理人です!

今回のテーマは

高校球児の本音をインタビュー 夏の甲子園中止 ~part1~

さん既にご存知の通り、今年の夏の甲子園はコロナウィルスの影響にて中止となりました。

夏の甲子園、79年ぶりの中止が決定 春夏ともに中止は史上初 | BASEBALL KING
◆ 春のセンバツにつづいて…  日本高等学校野球連盟は20日、オンライン形式で運営委員会と理事会を行い、8月10日(月)に開幕する予定だった『第102回 全国高等学校野球選手権大会』を中止とすることを

※5月20日記事 参照

そして、8月10日から甲子園球場ではセンバツ高校野球に出場を予定していた32校による、

本来のトーナメント式ではなく1試合限定で「甲子園交流試合」が行われます。

甲子園交流試合 開幕戦は大分商VS花咲徳栄 対戦カードと日程決まる - 毎日新聞
 2020年甲子園高校野球交流試合(日本高校野球連盟主催、毎日新聞社、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の組み合わせ抽選会が8日、オンラインで行われ、それぞれの対戦相手が決まった。

※毎日新聞記事7月8日参照

世間では高野連の素晴らしい配慮!

という声を多く聞きますが、果たして当人である高校球児はどう思っているのか?

今回のブログタイトル

高校球児の本音をインタビュー夏の甲子園中止について、

実際にオンライン上でインタビューしてきました!

前回の記事を読んでいないという方は、

ぜひこちらの記事も合わせて読んでいただくと、今回の記事への理解度が深まると思います!

【高校球児の本音】夏の甲子園中止

今回は、都内の私立高校に通う高校2年生にインタビュー(オンライン)をしてまいりました。

インタビュー内容は今回のテーマに沿ったシンプルな6項目です。

・経歴

・野球をはじめたきっかけ

・なぜ、今の高校を選んだのか

・コロナ禍でのトレーニング

・夏の甲子園中止の心境

・今後の目標

経歴

【小学生】

小学校1年生

地元の少年野球チームに入団

ポジションはピッチャー

6年生の時はキャプテンとして、県大会準優勝

市内のオールスター選抜に選ばれる。

【中学生】

県内の硬式クラブチーム(ボーイズリーグ)に入団

1年生秋から背番号「1」を背負い、

自分たちの代ではキャプテンを務め、県大会準優勝

3年生の時、オールボーイズの選抜チームに選ばれる。

【高校】

都内の強豪私学に入学

入学と同時に寮生活スタート

高校1年夏から、背番号「18」としてベンチ入り

夏の東京都予選では準決勝で敗れ甲子園を逃す。

高校1年秋も夏同様に背番号「18」でベンチ入り

優秀候補筆頭といわれたが、惜しくも敗退。

ここから、チームの意識を上げ冬練に

個々の底力がついた、春の大会直前にコロナウィルスが流行し、

都大会中止、選抜も中止となり、緊急事態宣言が発令され自宅待機となる。

野球をはじめたきっかけ

父が家で観ていたプロ野球中継を見て、

「田中マー君のようなボールで三振を取りたい!!」

と夢みて野球を始める。

その後、父に連れて行ってもらった夏の甲子園で高校球児がプレーする姿を観て、

自分も将来、この場所でプレーしたい!

という想いが強くなり真剣に野球に取り組むようになる。

(中学生の頃から家族が野球中心の生活になる)

なぜ、今の高校の野球部を選んだのか

中学2年生の夏ぐらいから、甲子園に出場したことのある数校からオファーをいただきました。

自分の足でオファーして下さった高校の練習風景を見学し、監督さん・部長さんとお話させていただき最終的に、今の高校を選びました。

選んだ一番の理由は、

「是非うちの高校で一緒に甲子園を目指そう」

とおっしゃる監督さんがほとんどだったのに対して、

「君ぐらいになれば、他校からも声はかかっているはず、あまり中学生にプレッシャーはかけたくない、最終的に自分に合うと思った高校を選んでほしい」

と当時進路にかなり悩んでいた自分を後押ししてくれた言葉をかけてくださったのが1番の決め手です。

コロナ禍でのトレーニング

・ランニング10キロ

・100mダッシュ20本(インターバル走)

・素振り500回

・チューブトレーニング

・体幹トレーニング

このメニューはほぼ毎日行っていました。

一番苦労したのは、ピッチング、遠投をどうやって行うか。

あとは「食事」です。

寮生活では「どんぶり飯」を夜は3杯がノルマでしたので、実家での自粛期間中も同様の食事量をとり、体重が減らないよう(なるべく増やせるよう)に食事を意識していました。

夏の甲子園中止の心境

正直、最初は現実をうけいれられませんでした。

選抜中止でさえ、選抜に出場しない自分でもショックだったのに、夏まで中止になるなんて正直考えてもみませんでした。

ですが甲子園中止の前に、インターハイが中止になり報道で

「甲子園中止濃厚」

の記事が出始めたぐらいから、「もしかしたら・・・」という想いでした。

今回の夏の甲子園中止は野球を始めたときからの夢なので、本当にショックです。

小学校1年生の時に野球を始めてから、こんなに野球をやらない期間が長かったことはなかったので、最初は何をしていいのか戸惑いました。

今後の目標

自分は2年生なので、来年の春、夏と2回チャンスがあります。

この2回に今年の分の悔しさもぶつけたいという気持ちです。

高校生活での目標はもちろん、全国制覇です。

甲子園出場ではありません。

その後は大学に進学し、プロを目指したいと考えています。

大学は東京六大学か東都リーグに所属する大学に進学し、神宮を本拠地としてプレーし、

大学生NO.1野手としてドラフト1巡目指名されるように努力します。

インタビューを通して、思っていたよりも気持ちの切り替えが既にできていて

次の目標に向かって前進している姿が印象的でした。

彼の今後の活躍に期待します!!!

今回のインタビューをオンライン上で実施するにあたって、協力して下さった選手本人をはじめ、監督・関係者の方々には心から感謝申し上げます。

また今回記事を扱うにあたり、「高校生」というテーマでの記事になりますので、

実名、高校名の表記は一切ございません。(すべて匿名です)

また、活動自粛期間中に「野球を通して何かできることはないのか?」

という考えに全面的に賛同して下ったインタビューとなります。

今回のインタビューをさせていただくにあたり冒頭で書いた通り、

球児の本音のほんの一部にしか過ぎません。

また高校野球に携わっているのは選手、監督だけでないということも十分理解しております。

・野球部マネージャー

・お父さん、お母さん

・関係者の皆様

の本音をお待ちしております。

私の話も聞いて欲しい!という方のご連絡お待ちしております!

コメント