野球小僧

ブログ

ボーイズ、シニアのチーム選び基準~part1~

中学進学時にボーイズ、シニアといった硬式クラブチームに入団を考えている選手!一言にボーイズ、シニアといっても様々なチームがあり、全国大会を目指す強豪から全員野球で勝利を目指すチームまで様々です。またご両親の負担も(お茶当番など)チームにより様々です。本日はボーイズやシニアリーグに入団する際に選ぶポイントをご紹介します!
ブログ

ボーイズ、シニアの中学硬式にお勧めバット5選

中学に進学しボーイズやシニアリーグといった硬式チームに入団する野球少年に、中学硬式でお勧めのバットを5本ご紹介します。少年軟式用から硬式用のバットになるだけで約300グラムもバットが重くなります。Vコン?ルイビル?スカイビート?そんな時にお勧めの中学硬式用バットを当時の経験と現在の中学硬式バット事情を踏まえてご紹介します。
ブログ

硬式用野球バットの正しい選び方~中学硬式~

中学生に進学しボーイズやシニアといった硬式クラブチームで野球をする選手も多いと思います。そんな時に困るのが硬式用バットの選び方です。軟式から硬式にバットが変わると重さが約600gから約900gへと一気に重くなる場合もあり全然バットが振れない!なんてことがないよう正しいバットの選び方・基準をご紹介します!
ブログ

野球部の部員数って少ない方がいいの?多い方がいいの?

高校野球に進学する際に悩むポイントの1つとして部員数が気になります。1学年の人数を絞って甲子園に出場する学校もあれば、制限することなく野球部員の数が100名を超える学校も多数あります。では甲子園をめざすには部員の数は多い方がいいのか?絞った方がいいのか?メリットデメリットをご紹介します。
ブログ

強豪チームに所属しなくても野球特待生で高校に行く方法

高校に野球の特待生制度を使っていくにはどのような方法があるのか?高校に野球特待生で進学するには中学時代に強豪チームに所属したり全国大会に出ないと野球特待生の制度を使用できないと勘違いしていませんか?実際に全国大会に出場しない中学時代を過ごし野球の特待生制度を使用して高校に進学野球部で甲子園を目指した経験を紹介します。
ブログ

費用はいくら?中学硬式野球3年間でかかる費用について

ボーイズリーグ(中学硬式)でかかる3年間の費用は月謝だけで3年間約40万。さらに野球用品代やユニフォーム代を合わせると総額100万ほどお金がかかります。実際に中学時代にボーイズリーグに所属した際にかかった費用。実体験をもとに「ボーイズリーグっていくらかかるの?」「野球は何でお金がかかるの?」といった疑問を解決します。
ブログ

費用はいくら?少年野球6年間でかかる費用について

少年野球6年間でかかる費用ついて実体験をもとに話します。野球用具代だけで約25万~30万円ほどの少年野球ではかかります。さらに遠征費や食費。チーム払う月謝など様々なお金がかかりトータルでは一体いくらかかるのか?節約する方法はないのか?野球はお金がかかるスポーツのイメージだけど払う価値はあるのか?実体験からお話しします。
ブログ

これを使えば間違いなし!!野球グラブメンテナンス用品オススメ5選!

野球グラブメンテナンス用品オススメ5選をご紹介!汚れ落としから保革・つや出しなど。用途にあわせたお勧めのグラブメンテナンス用品をご紹介!グラブメンテナンス用品を購入する際、種類が多すぎてどれを買えば迷ってしまった実体験とショップ店員時代の販売経験から商品の特長を熟知した野球小僧が野球グラブメンテナンス用品をご紹介!
ブログ

グラブが1年以上長持ちする!野球グラブを手入れする4つのポイント

練習後のグローブをそのまま放置、あるいはすぐにグラブオイルを塗って汚れを落とした気になっている人に必見の記事です。練習後に正しくグローブを手入れするか、しないかでグローブの寿命は1年以上も変わります!本日は野球グラブの手入れ方法を4つのポイントでご紹介します!グラブメンテナンスで重要なことはしっかり汚れを落とすこと…
ブログ

野球グローブを選ぶ2つのポイント~小学生高学年編~

今回のテーマはグローブの選び方小学生高学年編です。小学校高学年が野球のグラブを買う時のポイントを2点に絞ってご紹介します!中学生でも使えるグローブを買いたい。けど大人用のグローブは今の息子には大き過ぎる。そんな小学校高学年のグローブ選びのお悩みを解決します。